国土交通省京浜河川事務所の資料を見ていると、上流・中流・下流の区分に「…ん?」と思うときがあります。どうやらこれは、河川事務所の管理区間に基づく区分だからのようです。
 全長138km の多摩川のうち、京浜河川事務所の直轄管理区間は青梅の万年橋から河口までの64.3km<*1>
 それによると―

上流:万年橋から浅川合流点
中流:浅川合流点から東名高速多摩川橋
下流:東名高速多摩川橋から河口

になるようです。


 一方、多摩川関連の文献・資料をあたってみると、地形的特徴、流域の特性などから―

源流:水源から奥多摩湖
<*2>
上流:奥多摩湖から羽村取水堰
<*3>
中流:羽村取水堰から調布取水堰

下流:調布取水堰から河口
<*4>

とするのが一般的なようです。




<*1>山梨県側の源流域は山梨県塩山建設部が、奥多摩湖から万年橋までは東京都建設局が、国交省の委任をうけて管理にあたっているそうです。

<*2>水源である山梨県笠取山水干(みずひ)から、水干沢・一之瀬川・丹波川と名を変えて同県内を流れ、奥多摩湖に流れ込んでいます。多摩川の名称で呼ばれるのは、東京都側で川の姿となって最初に流れ出す奥多摩湖小河内ダム直下からです。

<*3>小作堰まで…とする文献もありますが、羽村堰を採る方が一般的なようです。いずれにしても2kくらいしか離れていません。

<*4>河口から調布取水堰までが、海の潮汐の影響を受ける河川区間(感潮域)になるそうです。