2002.08 昭和記念公園にて
EXILIM EX-S1  胸ポケットにおさまる名刺サイズ。HPを作るとは思ってもいなかったので、携帯性だけ。いまやケータイ以下の骨董品だが、被写体が中景・遠景なので、HP上の写りとしてはそこそこのレベル。
EXILIM EX-S600  H18年11月、サイトはネタ切れだというのに、とうとう買い替えることに。
 H25年5月、故障のため引退。
EXILIM EX-ZR20

いちばん好きな流域:

中央線多摩川橋から多摩川大橋にかけての左岸右岸
 夏も冬もどちらも印象に残る。
ピンポイントで
好きな風景:

右岸32K付近から見た聖蹟桜ヶ丘の<オーパ>  左岸の<府中郷土の森>付近から
 この聖蹟桜ヶ丘、三方を丘陵に囲まれ、一方を多摩川が流れる。方位はズレるが、風水で言う"土地の気"を封じ込める地形になっている。多摩川流域でも、こうした地形はここだけだと思う。その中心を貫く垂直の軸のように、<オーパ>がそびえている。
もっとも頻繁に訪れ
思い入れのある場所:
宿河原堰付近の右岸
 多摩川散策の起点となった<約束の川>。黒川の里地、生田の緑地とともに、最初に親しんだということもあって、思い入れのある特別な場所になっている。サイクリングロードから河川敷の遊歩道に下りると、犬を散歩させている人と釣り人以外は人影も少ない。夏は目的もなく缶ビール片手にフラフラすることも。船島神社の参道入口にゴミ籠があるので、胸ポケットにデジカメだけの散策人はたすかる。向かいの二ヶ領せせらぎ館にはトイレもあります。
感想―  中流ばかりでした。自分でいま見直しても、下流にはまったく気が入っていない。
 たいしたHPではないけれど、何年か経って多摩川の姿が変わったときには、貴重な資料になるかもしれない。いまはインターネットというツールによって容易に情報を流せるが、それ以前にフィルムカメラで撮られた貴重な古い写真が、多摩川を愛する人たちの手元にたくさん所蔵されているはず。見たい。

 買い替えたデジカメの性能が向上し、高速通信網が普及したため、画像がどんどん大きくなってしまいます。