多摩水べのあるくマップ けやき出版
多摩川あそび けやき出版/藤原裕二
多摩川を歩く−源流から河口まで138kmを探る− (*1) JTB/佐藤秀明
多摩川水流紀行 (*2) 白山書房/大内尚樹
多摩川を溯る (*3) 東洋書院/中村吾郎
多摩川−境界の風景− (*4) 有隣堂/三輪修三
都市が滅ぼした川 −多摩川の自然史− (*5) 中央公論社/加藤辿
多摩川はつらいよ−子どもと見つめた自然と社会− (*6) 農山漁村文化協会/小菅盛平
サケ多摩川に帰る−ひろがる自然教育− (*7) 農山漁村文化協会/馬場錬成
アユ百万匹がかえってきた−いま多摩川でおきている奇跡− 小学館/田辺陽一
多摩川自然遊びガサガサ (*8) 婦人画報社/中本賢
水のこころ誰に語らん−多摩川の河川生態− リバーフロント整備センター
多摩川 そのエコバランス ソフトサイエンス社/市川新
新多摩川誌 河川環境管理財団
多摩川水系河川整備計画読本 河川環境管理財団
図説江戸・東京の川と水辺の事典 柏書房/鈴木理生
江戸 水の生活誌−利根川・荒川・多摩川 新草出版/尾河直太郎
「川」が語る東京 −人と川の環境史− 山川出版社
都市に泉を−水辺環境の復活− 日本放送出版協会
東京の湧水−水を訪ねる小さな旅− のんぶる舎
大地の川−甦れ、日本のふるさとの川− 草思社/関正和
河川環境の保全と復元−多自然型川づくりの実際− 鹿島出版会/島谷幸宏
天竜川サイエンス−天竜川上流域の変化は、何を語る− 信濃毎日新聞社
三沢川流域に生息するサワガニたちの生活 (*9) 稲城市立図書館所蔵資料/荒井麻里

(*1)  源流域に2/3のページが割かれている。自分にとっては未踏の地なので新鮮。いつか行きたい。
(*2)  小言ばかりでちっとも楽しくない多摩川紀行。サイト作成に際して、美辞麗句を並べ立てるガイドブック以上に反面教師にした迷著。著者は日野在住の登山家だそうだが、多摩川への愛情も愛着も感じられない。語れば語るほど多摩川から離れていく。陳腐な社会論も興ざめ。
(*3)  多摩川流域神社仏閣の旅。緑の孤島としての神社仏閣に興味なくはないが…。ガイドブックではなく、読み物としての多摩川歩きの著書の中には、目にした限りでは見るべきものはなかった。どれも川歩きに特別な意味をこめた文学的スタンスで書かれていて、別に多摩川でなくてもいいようなものばかり。川本三郎のような人に、多摩川について書いてもらいたいと心から願う。
(*4)  多摩川の歴史を知るには絶好の著書。絶版のようだが、多摩川に興味のある人は図書館などで目を通しておくべき好著。 
(*5)  同上。
(*6)  文句なしに楽しい。ひき込まれる。
(*7)  サケの放流のことはまったく知らなかった。本書を読むと、行政・企業・市民の協力と支援をうけた大規模なものだったようだ。82年の第一回放流には環境庁長官・東京都知事が―、翌年の放流には常陸宮が列席されるなど、当時の環境浄化運動のシンボルになっていた。
 本来多摩川にサケは生息していない。サケの放流は自然保護活動黎明期の試みであり、すでにその役目を終えて、当然いまは行われていないだろうと思っていた。ところが調べてみたら、「多摩川サケの会」という名称で今も活動は継続していて、何と環境学習!の一環として学校での飼育を指導し、放流も行っているという(H18年は37校/1800名参加)。過去に多くの支援を受け、教育現場にも浸透していて、引くに引けないといったところなのだろうが、環境学習にふさわしいものなのかどうか。
(*8)  「多摩川水流紀行」の対極。多摩川大好き人間・俳優中本賢さんの愛情あふれる多摩川本。賢さんの活動はTVなどでもよく取り上げられ、当サイトもエリアが近いので、触発されます。
(*9)  「第48回自然科学観察コンクール中学校の部」2等賞入賞作。
多摩あるくマップ けやき出版
多摩の鉄道沿線−古今御案内− けやき出版/今尾恵介
高尾山と多摩丘陵 ネイチャーネットワーク
多摩丘陵・自然ふれあい散歩道 多摩市文化振興財団
多摩の里山−「原風景」イメージを読み解く− (*10) パルテノン多摩
くろかわ−はるひ野開発と地域の記録− (*11) 黒川特定土地区画整理事業地権者会
武蔵野ときめきWALK1,2,3 のんぶる舎
武蔵野を歩く アーツ・アンド・クラフツ/海野弘
東京いきいき雑木林 のんぶる舎
のんびり樹木散歩−東京&首都圏の森50選− 淡交社
里山を考える101のヒント 東京書籍
里山の環境学 東京大学出版会
里山U 法政大学出版局/有岡利幸
東京の里山を遊ぶ 交通新聞社
関東地名物語−谷 谷戸 谷津 谷地 の研究− 草風館/山田秀三
水の郷  日野−農ある風景の価値とその継承− 法政大学エコ地域デザイン研究所編
写真で見る稲城今昔 (*12) 稲城市教育委員会
稲城市の地名と旧道 (*13) 稲城市教育委員会

(*10)  必読。
(*11)  いまのところ、川崎市立図書館・多摩市立図書館・稲城市立図書館しか所蔵していない。
(*12)  市町村が刊行するこの種の写真集は多いが、質量ともにすばらしい。これでようやく稲城の谷戸の位置を確認できた。写真によっては撮影位置図・現在の写真も添えられていて、行き届いている。「第六章水辺の景観」では多摩川にほぼ一章が割かれているが、多摩川単体のヘタな写真集よりも見応えがある。各公立図書館には寄贈されていると思う。必見。
(*13)  上記を補完する資料。土地勘のない非居住者としては読み飛ばす部分も多いが、概略・写真・地図だけでも参考になった(H19年8月稲城市民になりました)。
見えがくれする都市−江戸から東京へ− 槙文彦
東京の空間人類学 陣内秀信
東京キーワード図鑑 陣内秀信
日本の景観−ふるさとの原型− 樋口忠彦
図説集落−その空間と計画− 日本建築学会編
地べたで再発見!『東京』の凸凹地図 技術評論社
東京の公園と原地形 田中正大
東京の地理がわかる事典−読む・知る・愉しむ− 鈴木理生
自然はそんなにヤワじゃない 花里孝幸
アースダイバー (*14) 中沢新一
マンション崩壊−あなたの街が廃墟になる日− (*15) 山岡淳一郎
怪異の民俗学8境界 小松和彦編
排除の現象学 赤坂憲雄
日本人のこころ 五木寛之
百寺巡礼 五木寛之
ユーラシアの風景−世界の記憶を辿る− (*16) 日野啓三
東京の空の下、今日も町歩き 川本三郎
郊外の文学誌 川本三郎
多摩文学紀行 山本貴夫
文学のなかの地理空間−東京とその近傍− 杉浦芳夫
文学における原風景−原っぱ・洞窟の幻想− 奥野健男
私の釣魚大全 開高健
武蔵野夫人 大岡昇平
たまらん坂−武蔵野短篇集− 黒井千次
産霊山秘録 (*17) 半村良

(*14)  陣内秀信などによる江戸−東京論を超えて、縄文にまで年代を拡げたものかと期待したが、ワクワクしたのはプロローグまで。もともと週刊誌に連載したものだそうで、学術的な都市論というより、ほとんど文学的妄想か衒学的奇想に近い。それも、先行する江戸−東京論をベースに妄想を膨らませたものばかりなうえ、「天皇の森」の項だけでも素人にも分かる誤謬には寒くなる。
 このひと、学者一族の家系に生まれ、網野善彦の甥という血統のよさだが、オウム真理教に好意的だったために大バッシングを受けた宗教学者のひとり。またぞろ奇っ怪な言説をタレ始めた。
(*15)  迫真のドキュメント。南大沢の有名なあのマンションが、こんな有様だとは知りもしなかった。旧住宅公団史上最大の不祥事が、被害者加害者それぞれの思惑から、問題の大きさにくらべれば、それほど報道されているとは言えない(固有名は伏せられているが、ネット上では読売新聞多摩版が詳しい)。著者の視線は、この欠陥マンション問題から、都市計画そのものへと広がっていくのだが、ジャーナリストらしく抽象的な概論ではなく、個々に具体的な事例を取り上げているのが参考になった。必読。
(*16)  『…「風景」というものは、外に、どこかに、誰にでも同じものとして在るのではない。たまたまある景観を前にして、この景色はずっと前から心の奥で知っていた、というふしぎな懐かしさに打たれるとき、それがあなたにとっての真の「風景」である…』<天に向かって立つ岩と塊−カッパドキア>

 『…一時間近く歩いて、ふと顔を上げると、いつのまにか上がっていた大きな月の光が目近の巨岩の頂に降り注いでいて、白銀の光が無数の割れ目に沿って、光の細流となって絶えることなく流れ落ちているではないか。巨岩は闇とともに月光も集め、まるで闇の凝縮が光を産み出しているようで、見てはならない天地の秘儀の光景のようだった。荒蓼たる不毛の荒地の、無人の静寂の中で。
 
中心の場所では、否定的なものの極限が肯定的なものに転化しうるのだ、と私は茫然と立ち尽くしていたように思う。実は中心は至るところにあるのではないか、霊的なカが月光のように集まり流れる限り−と呟きながら。』<エアーズロック−中心の秘儀>

(*17)  天地開闢のさい高天原に現れた高皇産霊神。その直系といわれるヒ一族。日とも卑とも非とも呼ばれる―

 『…八王子から府中にかけて、西から東へ細長い帯状の聖域の存在していることが、芯の山を求めて東へ移動するヒによって、早くから知られていた…聖域の中央部に作られたヒの集落をヒの宿と呼ぶ、それがいつの間にか日野宿という地名に変わっている…』

 刺激的な設定。日野に特別な愛着を抱いてしまう。