谷戸の東西の崖地にそって、ふた筋の流れがあります。駒沢学園側の方が清水谷戸川のようです。冬のせいか、思ったよりも地面はぬかるんでいません。歩きにくいということはありませんでした。
 谷戸頭の手前から西側の斜面を登り、尾根道を南にしばらく歩くと、「高勝寺坂通り」に出られました。地図ではまったくわかりませんが、反対側からも谷戸頭にアプローチできることを確認できました。
 このあと、往きのルートを戻って、この森(駒沢学園の敷地)の向こう側にある薄葉谷戸に足を延ばことにしました。