kuyaさんの「稲城の里山散歩」を拝見してから、ずっと気になっていた清水谷戸。奥は湿地のようになっているらしいので、地元でありながら、長いこと逡巡していました。今回、はじめての散策になります。

 稲城市が2004年に刊行した「稲城の地名と旧道」に、古い地図と航空写真が載っています。谷戸頭(がしら)まで水田がひろがっているように見えます。
 源流にあたる奥の地域は、「水ノ頭」とよばれていたようです。そのままの地名ですね。清水という名称からも、きれいで豊かな水域だったことをしのばせます。
<生物多様性いなぎ戦略/稲城市>より
 清水谷戸川一帯
「駒沢女子大学周辺の斜面林を含む清水谷戸川一帯は、市内では見られなくなった本来の谷戸のせせらぎを残す谷戸川であり、湧水のある川沿いの崖地、源流部の谷戸田および湿地(かつての水田耕作地)など斜面林などが一体的に残されている貴重な自然環境である」