環境省所管「平成の名水百選」に選定されている新座市の妙音沢。このたぐいのものには肩すかしを喰らうことが多かったので躊躇していたのですが、所用で大泉まで出かけたおりに、足をのばして見に行ってきました。
 武蔵野台地の三宝寺池・善福寺池・井の頭池などが、標高50m前後の谷頭から湧き出した地下水を水源にしていることは、よく知られています。この妙音沢付近は標高30m(崖上40m)くらいですが、井の頭池のほぼ真北に位置しています。
 荒川水系黒目川沿いの崖線から地下水が湧き出していて、黒目川に流れ込んでいました。保全地区となると、立ち入りが制限されたりしていて失望することが多いのですが、ここは開けっぴろげで素晴らしい
(追記:〜と思っていたら、このあと無粋な木道が造られた)