稲城市教育委員会編の「稲城の地名と旧道」によると、この丘は<台山>というようです。百村(もむら)の妙見寺の西側になります。

 初めて南山
(地名ではなく、このあたりの通称名)に足を踏み入れたときは里山初心者だったので、雑木林というより森といった方がいいくらいの緑深い樹林の中で、不安におそわれたほどです。森をぬけて、ひらけたこの眺望を目にしたときには、ホッとしました。2003年春のことです。
 米軍撮影の1948年の航空写真をみると、当時は樹木よりも耕作地の方がはるかに広い範囲を占めているように見えます。パルテノン多摩の『多摩の里山「原風景」イメージを読み解く』で指摘されていた、森林化する里山の姿を体感することになりました。
■妙見尊から南山の森へ