今日は多摩モノレール上北台駅から野山北・六道山公園周辺の里を歩いて、八高線箱根ヶ崎に向かいます。
 東京で唯一鉄道が通っていない武蔵村山市。それだけに箱根ヶ崎へのモノレール延伸の期待は大きいようです。しかしながら、単年でも黒字の目途は立たないらしい。H15年6月の東京都専門委員会の報告は、「恒久的な税金投入事業」と言い切っています。「〜既成市街地の交通不便を解消するという路線では、急に大きな集客力が増えることも期待できず、少なくともインフラ部を含めて採算をとろうとすること自体無理なのであって、路線を維持して地域の活性化を図るためには税金投入以外に方法はないのかもしれない〜」!
 始発から終点までの現行16kmで換算すると、小田急や京王の170%前後の運賃に設定されています。それでも、いまの乗客数・料金収入では黒字にするのはむずかしいらしい。多摩を南北に移動するにはとても便利なのですが、現状では延伸の可能性は低そうです。


 
(追記:「同社は04年度以降、単年度で営業黒字を出しているが、建設費など初期投資に伴う借入金の返済負担が経営を圧迫。今年度中にも破綻する可能性があったため自力での再建を断念し、今年5月には都から約299億円の金融支援を受けた。都の支援により、債務超過は解消し、今年度から税引き後損益は黒字となる見通しだ」2008年11月28日読売新聞)


「御岳トンネル」
次の「赤堀トンネル」が見えています
Yahoo!地図情報
 村山貯水池(多摩湖)と山口貯水池(狭山湖)建設用の砂利や資材を運ぶため、かつて羽村から山口貯水池堰堤まで、トロッコ用の鉄道が敷かれていたそうです。いまも当時のトンネルが残っていて、野山北公園自転車道として整備されています。鉄道マニアではないけれど、せっかくなので見てきました。そのうち三本は、生活道路としてごく普通に使われているようでした(あとの一本は雑木林の奥でヒト気はなく、東端の一本は立ち入り禁止)。

横田谷戸の奥へ

 北隣の谷戸の野山北湿地には、約20,000株のカタクリの自生地があります。このあたりはほとんど落葉樹なので、葉が落ちて見通しが良くなっています。距離は短いながら、明るくて気持ちのいい尾根道でした。今回の散策ではここがいちばん。