いまさらですが、多摩丘陵を何年も歩き回っていながら、「では多摩丘陵はどこからどこまでなのか」と問われると、明確には答えられません。
 多摩川と境川に挟まれた地域で、北は高尾あたりから南は帷子川まで…という大雑把なイメージでしかなかった。
 ですが先日、西の境界となる境川を歩いてみてからは、どうにも気になって仕方がありません。

 ガイドブックに記されているのは、やはり大まかな範囲だけです。専門的な文献になると、やれ地層だ、やれ地質だと始まって、かえって何がなんだか分からなくなる始末―

 いろいろ調べてみても確たるものはなくて、あるいは異論反論があるかもしれませんが、多摩という地名が示す地域性と地質的な特性から、当サイトでは次項に示す範囲を多摩丘陵とさせていただくことにしました。

白地図はフリーソフト<KenMap Ver8.1>による
多摩丘陵の範囲