H15年6月。
 江ノ島に河口を開く境川。町田市を水源にしています。当時は名前すら知らなかった。地元では、片瀬川と言った方が通りがいいそうです。
 東京−神奈川の都県境を流れる境川は、町田市相原町大戸付近を水源にしている。多摩丘陵のすそに沿って南東方向に流れ、町田市の南端から丘陵を離れて南下し、藤沢市片瀬西浜で相模湾にそそいでいる。川の名称は、上・中流で武蔵国と相模国の国ざかいになっていたことに由来する。
 多摩丘陵の分水嶺は、境川筋に近いところを通っているが、多摩丘陵を水源にするほとんどの河川は、分水嶺より多摩川寄りに位置している。したがって、浅川水系の湯殿川・兵衛川、多摩川水系の大栗川・乞田川・三沢川
<*>、鶴見川水系の恩田川・真光寺川などは、いずれも北東あるいは南東に向かって流れ、本流を通して東京湾に流れ込んでいる。分水嶺より神奈川寄りに位置する境川だけが、相模湾にそそいでいる。
 町田市民以外の都民にはなじみの薄い川だが、都県境であると同時に、多摩丘陵の端を示す重要な境界になっている―
(「図説江戸東京の川と水辺の事典」「新多摩川誌」を要約)

 この書籍を読むまで、境川のことは知りませんでした。東京−神奈川の境界というと、多摩川しか頭に浮かばなかった。でもそれは中流下部の多摩川原橋付近まで。町田では約30kmにわたって、この境川が都県境になっています。
 地図・航空写真を見ると、橋本付近から下流は、流路が直線化あるいは緩やかに曲線化されていて、人工的な流れに改修されているのは明らかです。なので当サイトは、当然のことながら橋本から上流に向かうことにしました。


八王子市から稲城市にかけて、50万年前の古相模川の扇状地礫層である御殿峠礫層が見られる。多摩丘陵のこの西域は多摩T面と呼ばれているが、この地域を流れる河川を上流方向に延長すると、相模川が関東山地から流れ出す扇頂付近を示す。これらのことから、古多摩川が青梅から北東に向かっていた時代の或る時期には、相模川がこの地域を流れていたと考えられている。多摩丘陵の形成は多摩川によるものではなく、古相模川の扇状地を起源にしている。海進の時代でもあり、海岸線は調布市付近まで上がっていたとみられる。