青梅線河辺駅から北上すること15分 霞川に出る

 なぜ霞川のような小河川を歩いてみる気になったかというと、霞川が多摩川の名残川だからです。いくつかの資料によると―
 ―数万年前まで多摩川は、青梅を支点に東に広がる扇状地を、蛇行しながら主に北東方向に流れていた。その後、逆断層である立川断層が隆起したため流路を遮られ、主流は断層に沿うようにして南東方向に向きを変えた。現在に近い流れになったのは、1万3千年〜2万年前のことである。霞川や不老川などは、古多摩川の名残川と考えられている―

 この霞川、いまは青梅駅のすぐ北を水源にして、上記のとおり古多摩川の河道を北東にたどって入間川に流れ込んでいます。つまり、現在は荒川水系になるわけです。
 市街地の小河川を歩いても、面白くもおかしくもなさそうですが、「多摩川さんぽ」さんが紹介されている今寺・藤橋の水田や、狭山の茶畑も広がっている流域なので、合わせて見てくることにしました。

霞(加治)丘陵
 今寺天皇塚水田。ネット情報と地図と航空写真による予習では、かなり広い水田地帯を想像していたのですが、 1/3あるいは半分くらいが休耕田になっていました。少し残念。

追記:ここでは水田をふたつのブロックに分けて、年ごとに交互に耕作しているようです。休耕田側には地力回復のためにレンゲを作付し、毎年春には<青梅ふれあいれんげ祭>を開催しているそうです。また、ここから見える富士山は、国土交通省の<関東の富士見100景>に選定されています。地元青梅では、よく知られた場所らしい)
 国土交通省関東地方整備局>関東の富士見百景