多摩川の名前が最初に現れる奥多摩湖までは、ぜひ行ってみたい。奥多摩駅から<奥多摩むかし道>と称される旧青梅街道をたどると、4時間ほどかかるようです。そう何度も行けないので湖周辺も見たいのですが、これでは奥多摩湖に到達するだけで力尽きてしまう。
 ネットで調べてみたところ、むかし道とは言っても元来地元の生活道路なので、ほとんど舗装されているし、大半は多摩川からも離れてしまっているようです。…なので、史跡・遺跡などにはあまり興味のない人間としては途中を省略し、真ん中あたりの惣岳(そうがく)までバスを利用することにしました。これで余力を残して奥多摩湖にたどり着けるでしょう。
 惣岳渓谷。途中まで下りたのですが、シダクラ沢から先の下り道が分からず、戻りました。途中の吊橋は、揺れはそれほどでもない。端に立って、下を覗き込むのは怖い。グラっとひっくり返って、落っこちそう。写真を撮るのもへっぴり腰で、人に見られたら相当情けない格好になってる。見られなくて良かった。




 ほぼ晴天、予報も良かったのに、バスを降りてまもなく雲に覆われてしまった。帰宅後見たら、HPにアップするような写真もなかったけれど、公式に多摩川の名が現れる起点だし、記念・記録という意味もあって載せました。

 タチカワオンライン>>奥多摩むかしみち
 道で獲物を引きずってるスズメバチを踏んづけそうになる、推定約30pくらいの大蛇に出くわす、樹木で視界をさえぎられて同じような風景が延々と続く、陽が射さず湖面は冴えない―。遠路はるばる赴いたにしては、報われるものは少なかった。奥多摩むかし道は、歩くことが目的のひと以外には、魅力があるとはあまり思えない。
 ところで、ダム堤付近の広場で自販機を探したのだが、目の届く範囲には見当たらなかった。飲食は「水と緑のふれあい館」でどうぞ、ということなのだろうか。商店は皆無だし、休館日はどうするの。観光地とは思えない。だからさびれるのか、さびれたからこうなったのか。
 外歩きで久しぶりに失望した。前回、石神前から御岳渓谷にかけての散策があまりにも良かったので、余計に落差を感じたのかもしれない。疲弊。徒労。脱力。…ネタ切れだからといって、無理して未踏の地へ出かける必要はないことを再確認することになった。当サイトにとって、多摩川は数馬峡まで、数馬峡から―