思いがけない場所に宮崎監督が住んでいたのを知って、オタク心を刺激されました。京王線を経由するときの乗換駅・下高井戸から近いので、出かけたときに足を延ばしてみました―
『井の頭線沿線の1世紀』という写真集を見ると、永福の南を流れる神田川に沿って、昭和30年頃でも水田が続いている。神田川も、護岸されている部分はあっても、木の杭や板が使われていて、自然河川らしさを残した里の小川のようだ。当時は川沿いに、養魚池と記されたかなり大きな池もあった(写真左、永福橋左岸下流の一帯)。
 映画には、監督が子供の頃に見た神田川流域の風景も投影されているそうである。

永福小学校
宮崎駿:
 生まれは東京都文京区。幼児期に伯父のいる宇都宮に一家で疎開、小学校3年まで暮らしていた。1950年、4年生の時に杉並区永福町に転居。区立大宮小学校に編入する。翌年に新設校の永福小学校に移る。63年の東映動画入社後は、練馬、東村山、練馬へと転居した。70年から現在の所沢に居住している。
縄文土器の型をしたゴミ入れと吸殻入れ 縄文時代中期の住居跡(複製)  問題の塚山公園。なだらかな丘になっていて、冬でもこんもりしている。かすめるように神田川が流れる。実際に見た印象では、周囲が田んぼと畑だった頃には、さぞ目立っただろうと思われた。いわゆる雑木林で、クスはない。
 1932年(昭和7年)頃から土器が見つかって、35年に縄文中期の住居跡が発掘された。53年の文献では、すでに下高井戸三丁目塚山と称されている。69年以降杉並区教育委員会による調査が数回にわたって行われ、大規模な環状集落跡が見つかり注目された。73年国が同地を取得。85年に国から区に払い下げになった。
塚山遺跡復元景観図 復元住居
:下高井戸塚山遺跡−発掘調査報告−/杉並区教育委員会
  以下、新たな資料をもとに少し書き直しました― 
 公園として開園したのは88年。73年に国が取得する以前は、長らく朝日新聞社の社有地になっていて、通称<朝日農園>と呼ばれていたそうである。監督が居住していたのは、この時期になるのかもしれない。
 『宮崎駿の原点』によると、大宮中学校では歴史研究会の部長を務めていたという。「…ことの発端は近所から、縄文土器がたくさん出たこと。その土器の研究をやるために新が歴史研究会を作り、そこに駿が入った…」とある。新
(あらた)氏は監督のお兄さん。近所というのは、中学の近くにある松ノ木遺跡の可能性が高い。こちらの方は、49年・51年・54年に調査が入っている。51年は新氏が、54年は監督が、中学生の時期にあたる。いずれにしても、当時から縄文時代に興味を持っていたのは確認できた。隣町のこの塚山遺跡を、監督は知っていたに違いない。
 当サイトが興味をひかれたのは、監督ゆかりの地で、似かよった地名ということだけではなく、関心があったその縄文時代の遺跡であるという点。映画では父親は考古学者の設定になっていた。裏設定によると、縄文時代農耕起源説を研究しているそうだ。トトロの棲みかには縄文土器らしき物も置かれている。トトロ自体が縄文の頃から森に棲んでいるアニミズム的な存在らしい。…縄文とつながっている。
 オタクの妄想かもしれないが、宮崎監督はかつての地元の塚山遺跡から、"塚森"の地名を思いついたものと推測する。…推測したい。


叶精二氏の指摘によると、「…クスは南方に起源を持つ照葉樹であり、主に西日本を中心に分布している。そのクスの巨木を塚森の中心に据えたのは、監督の意図を反映させた作為的な設定である」そうだ。
 塚森は監督の創造であり、絵自体のモデルは監督の頭の中にだけ存在すると言ってよさそう。


この映画の時代設定は昭和30年代初期というのが定説になっているらしい。だが、監督自身はインタビューで、「…昭和三十年代初期というのは、実は嘘で、本当を言うと、テレビがまだない時代の話なんです…」と語っている。企画の人間?による作品コンセプト素案という手書きの文書には、「昭和20年代末・所沢(宮崎氏の現住所)」と、はっきり書かれている。

 ・宮崎駿全書/フィルムアート社 叶精二
 ・宮崎駿の原点/潮出版社 大泉実成
 ・風の帰る場所/ロッキング・オン 宮崎駿
 ・出発点−1979〜1996−/スタジオジブリ 宮崎駿
 ・スタジオジブリ作品関連資料集2 ジブリTHE ARTシリーズ/スタジオジブリ


 ―たびかさなる訂正、お詫びいたします。調べるほどに、名作のアラさがしのようになってしまいました。収拾がつきません。アラさがしなど本意ではないので、一部削除します。