右岸・小田急線直下/成瀬巳喜男監督「めし」 著作権保護期間終了PD作品
 貴重な映像。製作された1951年には、屋形船が見える土手のすぐ下まで流れが迫っている。主演は原節子さん。下流に先代の宿河原堰が見えている。護岸のすぐ下まで、けっこうタプタプ打ち寄せている。
 向ヶ丘遊園/成瀬巳喜男監督「おかあさん」 著作権保護期間終了PD作品

 成瀬作品では、52年の「おかあさん」で"向ヶ丘遊園地"を見ることができる。主演は田中絹代さん。
 向ヶ丘遊園地は小田急線開通と同時に入園無料で開園。52年に施設を増強し、向ヶ丘遊園と改称して有料化したそうなので、ちょうどその時期にあたる。映画の中では"地"が付いていて、向ヶ丘遊園地と表記されている。
 ほかに石神井公園でもロケをしている。作品それ自体への興味とは別に、古い映画にはこんな愉しみがある。


右岸・中野島付近/成瀬巳喜男監督「あにいもうと」 著作権保護期間終了PD作品

「田舎だからね」
「川の向こうはすぐ東京じゃないの…」

 ロケ地というより、多摩川が背景そのものになっている映画。ようやく観ることができた。ネットで調べると、川崎市多摩区中野島付近がロケ地と紹介されている。対岸はほとんど建物も見えない。断定はできないが、狛江の五本松、上流の上河原堰とおぼしき風景が映っている。
 右下は多摩丘陵。高い建物がないので山のようにそびえて見える。



聖蹟桜ケ丘/近藤喜文監督「耳をすませば」

「すごいよ、俺達…」

 多摩ニュータウンの創世物語。95年の製作当時でもビルが増えていたことから、昔の風景に戻したと言われている。監督は近藤喜文氏だが、絵コンテと脚本を宮崎監督が担当しているので、SFファンタジー色を抜いた宮崎アニメのようでもある。野見祐二氏の音楽もすばらしい。
 この映画の関連サイトは多数あるが、「こったがわだより」さんのアプローチが新鮮。地元のかたならではの視点に刺激を受けた。

 近藤監督の夭折で、その後ジブリは後継者難に苦しんでいる。