等々力(とどろき)渓谷
 10年ほど前、都内唯一の渓谷に初めて足を踏み入れたときには、斜面を覆う樹木や足元の湿生植物に驚かされたものです。
 ただ、仕方のないことなのでしょうが、谷沢川そのものはコンクリートと石でほとんど三面を固められ、渓谷のせせらぎを楽しむという趣からはほど遠いものになっていました。


 個人的な感想として―

 世田谷の北沢川緑道や立川の根川緑道が心なごむのは、流れとの距離が手の届くくらい近くて、放たれたメダカやクチボソなどがいきいきと群れているからだと思います。
 玉川上水の中流がつまらないのは、流れが見えないくらい人から離れてしまっているからです。この谷沢川が魅力に乏しいのは、ただ水が流れているだけの用水路のような印象だからだという気がします。
 …親水性と生き物の生息。
 あちこち見てまわった今では、ひとを惹きつけるのは、このふたつの要素だと思っています。
等々力駅地下化工事技術検討委員会HP (最下流の右岸斜面が、日本庭園として整備されてH17年4月7日の午後から開園されるそうです)