国分寺崖線の湧泉
 滄浪泉園(そうろうせんえん)

 交通量の多い連雀通りの騒音がうそのように、中はひっそりとしています。このときの入園者は私ひとりだけ。100円で庭園を貸切です。

 アッという間に回り終えてしまう程度の広さですが、人の手があまり加えられていないので、住宅地とは思えないくらい深い自然を味わえます。湖や池は動きが少ないので、すぐに見飽きてしまうのだけれど、深山を思わせるこの風景には、立ち去りがたいものがありました。
 なにも根拠はなかったのですが、武蔵野というと何となく小金井市・国分寺市あたりを思い浮かべていました。おそらく大岡昇平の「武蔵野夫人」からの連想だと思います。
 ところが、明治時代に書かれた国木田独歩の「武蔵野」では、当時としては郊外だった渋谷
を武蔵野としているのだそうです。そういえば、童謡「春の小川」も渋谷の川でした。
 東京の町が西へ西へと拡張して行くのにつれて、武蔵野のイメージと実体も移動しているという事のようです。
 
・川本三郎「郊外の文学誌」