浅川と南平の丘陵地 日野市川辺堀之内
 お水系サイトとしては、里地にとけ込んだ水辺の風景こそが理想なのですが、東京近郊でそれを望むのは難しい。わずかながら、多摩川と浅川に挟まれた日野市や、大丸用水を擁する稲城市に期待が持てそうです。
 という事で調べてみると、日野駅の南東に川辺堀之内という地名を発見。水に関連する漢字がふたつも付いています。これはただ事ではありません。航空写真には田圃らしきものも写っています。…期待と裏切られた時の反動に怯えながら、見に行ってきました。
日枝神社樹齢300年以上と推定されている日枝神社のムクノキ
屋敷林
     日野市観光協会>日野を歩く
川辺堀之内
 残ってました、住宅地の中に田園地帯が。しかしながら、農地だったと思われる区画では一戸建て住宅の建築も進んでいて、先行き厳しい状況に置かれています。
高幡不動尊
裏山から見た高幡不動尊金剛寺五重塔
上田用水
 この付近は今も農業用水路が縦横に走っています。黒川清流公園の湧水も流れ込んできます。
 川辺堀之内付近はアッという間に歩き終えてしまうものの、南平から高幡不動までの浅川左岸の風景はなかなか印象の良い流域でした。
日野市新井へ