奥山に対する里山。二次林である雑木林、農地、集落、水辺を含めた農村の原風景として、そのイメージはすでに刷り込まれています。小山田や図師の里を見て、昔のことを知りもしないのに「なつかしい風景」などと思い込んでいたのですが、事はそう単純ではなさそうです。
 パルテノン多摩の特別展『多摩の里山「原風景」イメージを読み解く』の展示図録を要約すると―

 江戸時代の絵図や明治以降に撮られた写真を調べると、かつての多摩の丘陵面には見通しのよい景観が広がっていた。炭や薪を作るために10年前後の周期で林を伐採していたので、樹高は今よりもかなり低い。民家の屋根葺材や家畜の餌にするために、草地(茅場)も確保されていた。
 今の里山の植生は、これまでにないくらい森林化している。かつて多く見られたアカマツは姿を消し、コナラやクヌギが高木に成長し、カシなどの照葉樹がふえてきた。戦後の燃料革命によって薪炭の需要がなくなり、化学肥料の普及で堆肥も不用となって、雑木林が放置されるようになったからである。多摩丘陵の本来の植生は照葉樹林なので、林の中が手入れされずに暗くなると、やがて日陰を好む照葉樹が優勢になって、鬱蒼とした森になっていく。
 いま見られる里山の植生は燃料革命以降のものであり、なつかしい原風景として紹介されている里山は、あくまで現在の農村風景をもとに再構築された"イメージ"なのである。人との関係の上に成り立っている里山は、社会の変化とともに変貌していく―

 写真を見ると、確かに風通しのよさそうな、まばらな植生の丘陵が写っています。イメージを覆される感じですが、何よりも当時の里山は、資源としての役割が桁違いに大きかった
<*>。 自然である以前に、まず資源であった。里山と人との関わり合いが、いまとは根本的に違っていたということなのでしょう。
 パルテノン多摩の特別展には足を運んだのですが、映像・写真などを眺めただけで、肝心なメインテーマをすっかり見過ごしていました。たまたま図書館で図録を見かけ、あらためて目を通すことができました。必読。

<*>別の文献では、短期に里山の林相に大きな影響を与えた出来事として、戦後の戦災復興期に資源として乱伐されたことも挙げられています。