野川は、国分寺崖線の湧水を水源にしているため水量に乏しく、近年は季節によっては涸れてしまう流域もあるそうです。雨水浸透ますの設置や地下漏えい水の導水など、対策は講じられていますが、根本的な解決には至らないようです。
 "野川"の名にふさわしい風景をいちばん残しているのが野川公園付近。初めて行ったのは5年近く前のことです。ささやかな"小川"ぶりに拍子抜けもしましたが、いま思うと渇水の時期だったのかもしれません。
 昨夜降雨があったのに、今日もこの流れ。しかし、小さい子にはちょうどいい水深なので、子供連れが川遊びに興じていました。
 公園へ行こう!>野川公園