蛇足ですが―
 この地域の西武線の路線はなかなか複雑です。色づけされた路線図でないと、始発駅がどこなのかさえ分からない線もあります。鉄道ファンか地元のかたでなければ、乗り継ぎは容易ではないでしょう。
 多摩湖線は全線で7駅しかないにもかかわらず、帰路に乗り合わせた車両は途中の萩山駅止まりで、折り返し運転になってしまいました。単線だからなのでしょうが、慣れない利用者は戸惑ってしまいます。平日の日中は20分に1本程度の運行間隔なので、この待ち時間と乗換時間を含めると、武蔵大和駅から国分寺駅に出るのに40分近くかかってしまいました。