小下沢
 小仏川(南浅川の上流部通称名)を通じて多摩川に流れ込んでいるということで、強引に小下沢<こげさわ>を。

 高尾発小仏行きのバスを、「日影」か「大下」で下車、バス通りから小下沢林道に入って中央道の橋脚をくぐると、すぐにこのような景色になります。

 
Yahoo!地図情報


 林道の入口付近以外は高低差もなく、途中まで車も入れるようになっているので、林道とはいえ歩きやすい。夏場は、家族連れが水遊びに興じている姿をよく見かけます。

 30分ほど歩くと整地されたキャンプ場跡地に到着、さらに20分くらい進むと、左から滝が流れこんでいる場所に出ます。
 写真では樹木に覆われてほとんど見えませんが、落差10mくらいのかわいい滝です。高尾周辺を紹介しているサイト「くりちゃんの高尾山歩き」で見つけ、見てきました。
 あとで見たガイドブック「高尾・陣場わくわくハイク改訂版」では、<逆沢の滝>と称していました。

 このあたりから関場峠までは緩い上りになって、林道は沢から離れてしまいます。


 ■H25年8月