絶滅危惧T類のカワラノギクに関しては、多摩川でも複数のグループによって保全活動が行なわれています―


 国交省と大学などが共同で行なっている永田の研究フィールドでは、一般の立入を禁止して自生地をまもり、一種の特別保護区をつくっている。ここでは土砂を掘削して丸石河原を造成し、外来種のニセアカシアなどを排除するなどして、生育適地を拡げるよう整備している。これは、ほかの自生地が出水などによってほとんど消滅し、種の存続に必要な個体数を失った現状をふまえての対策であるらしい。
 市民グループのひとつ「はむら自然友の会」では、河原を開墾して植栽している。永田の自然保護活動家からは"花壇・畑"などと揶揄されているようだが、いまでは最大規模の個体数になっているそうだ。
 通りすがりの散策人には、自生であろうが野生であろうが、永田地区もほとんど"栽培"のように見える。造られ、隔離され、保護され、自然な状態とはとても言えない。程度の差はあっても、人為的であることには違いない。善意の他の保護グループを、花壇・畑などと揶揄できる立場にはない。

 生息適地そのものが激減している種にとっては、回復の手だては容易ではないと思う。あのメダカでさえ、遺伝子攪乱を避けるために生息水系内での放流に限っていれば、いつか取り返しのつかない事になるのではないかという気がしてならない。多産なメダカが絶滅を危惧されること自体、すでにただ事ではないのだから。
 素人にはどうもよく分からないのだが、
遺伝子攪乱を避けるべきだという見解には、学術的な意義のほかに、一体どんな意味があるのだろう。人間にとっての意味ではなく、当の生き物にとって。どの資料をあたってみても、かいもく分からない。
 そもそも生物は、混交しながら今日に至ったのではないのか。個体数が減少した種において、局地的な生息地での遺伝特性の固定化は、むしろ遺伝子的な劣化をまねくのではないのか。種の存続よりも遺伝子の固有性が優先されるのだとしたら、倒錯としか言いようがない。

 日本固有の生物以外は排除すべきという意見も、行き過ぎるとまことに薄気味が悪い。この生き物はこの地に存在すべきではない…それを判定するのは自分たちだ、と言わんばかりである。
 稲に限らず、農作物の多くは渡来植物だそうだ。これまで少なからぬ影響を生態系に与えてきたはず。雑草(野草)はダメだが、農作物ならイイということなら、その正否は単に経済的な価値の有無なのか。
 さらに…、日本人自体が渡来人の末裔と考えられている。在来種とは、日本にいつから定着しているものを言うのだろう。そしてその根拠は? 


 ―温暖化、寒冷化などで気候が変われば、生物の分布や植生もとうぜん変化します。里地のヤシ系植物にはシラけてしまうけど、それを見て育った子供たちが親になるころには、見慣れた風景として、ごく普通に受けとめられているかもしれません。
 
自然は変化するのが常態です。これを厳格に固定しようとすることの方が、むしろ不自然ではないでしょうか。
もっと寛容であっていいと思います。

現代日本生物誌5「タンポポとカワラノギク」
生物多様性センターHP>生物多様性情報システム>カワラノギク
生物多様性センターHP>生物多様性情報システム>メダカ

黒メダカを放流