八高線〜熊川
 八高線橋梁の上流。

 ここは交通の便が悪く、バスを使うか、中神駅あるいは昭島駅から徒歩になります。
 当サイトは中神から歩きます。30分くらいかかるでしょうか。
 日野用水堰周辺は、この先につくられた「昭島ワンド型ビオトープ」と一体になってイイ感じでしたが、ラジコン飛行機を飛ばしている連中が居てやかましかった。

 (現在は「あきしま水辺の楽校」として、さらに整備されているようです)
降雪のあと
 河川敷が広くて、堤防上の遊歩道からは川筋がほとんど見えませんので、拝島橋の先の拝島自然公園から河原におりました。しばらくすると拝島水道橋が見えてきました。
対岸の丘陵は滝山公園
     東京都公園協会・公園へ行こう!>滝山公園


  ■H17年初冬
■H18年秋 
■H19年夏 昭和用水堰
■H24年6月八高線と日野用水堰
■H24年8月滝山と水管橋
■H25年5月睦橋から永田橋へ
■H28年4月拝島橋から昭和用水堰へ
昭和用水堰
 福生南公園を抜けて睦橋を過ぎたところ。
 ここは桜堤が続いていて、よく知られた場所のようです。

インデックスへ
マップへ
対岸へ
下流へ
八高線〜熊川
ホームへ
上流へ