多摩モノレール〜八高線
 根川緑道を経由して河川敷の立川市民運動場を通り抜け、中央線橋梁付近から河原におりました。多摩川八景に連なる泥岩層がもう始まっています。
 冬の川は殺風景であまり面白くないのですが、この流域だけは別です


 ■渡れそうで渡れない泥岩層
 多摩川八景のひとつ、泥岩の河原。
 左側の丘陵の向こうに富士山が見えているのですが、写真では判別できません。


■多摩川八景を対岸から
■H17年夏
■H18年春
■H19年2月
■H20年10月多摩大橋
■H22年8月

■H27年11月

 ガイドブックなどでは、この奇岩風景は多摩大橋付近となっていますが、泥岩層は中央本線多摩川橋付近からずっと続いています。
 牛群地形と呼ばれる大きな岩板はありませんが、こちらの方があまり人が入らず、深山の趣でおもしろい。
 多摩大橋周辺は住宅も近くて、ガイドブックから受けるイメージとは違いました。興味のあるかたには、下流の方をお薦めします。

 泥岩層は多摩大橋の上流まで続いています。

インデックスへ
マップへ
対岸へ
下流へ
多摩モノレール〜八高線
ホームへ

上流へ