この場所、南武線で多摩川を渡るさい、しばらく前から工事車両が目につきました。並行する武蔵野南線(貨物線)にさえぎられて車上からは見えにくいのですが、大型のクレーン車の姿は消えたようです。例によって稲城中央図書館の帰りに足を延ばしてみました。
 南武線の鉄橋下から上流側に工事車両用の鉄板が敷かれていて、まだ工事は継続していました。「下水道管をつくっています」という掲示があり、5月31日までとなっています。南多摩水再生センターの新たな排水管でしょうか。
 対岸の「府中の森公園バーベキュー場」が人でにぎわっていました。曇り空ですが、暑くもなく寒くもなく、ちょうどいいかもしれません。
 近年は騒音やゴミなどの苦情のため、多摩川河川敷でのバーベキューを禁止する自治体もふえています。ここは府中市郷土の森博物館や市営グラウンドにかこまれて一般住宅から離れているので、とくに反対や反発はないのでしょう。立地に恵まれているといえます。
 前回もふれたように、堰の先は完全に進入禁止。自転車が引き返してきます。もともと自転車の通行は不可能な場所です。この右岸から聖蹟桜ヶ丘に向かうには、登り坂の川崎街道を激走するしかありません。左岸に渡ることをおすすめします。