京王多摩川〜是政
 多摩川児童遊園のグラウンドに沿って整備されている「岸辺の散策路」を歩きました。
 対岸がコンクリート護岸になっているところは、見ていてもあまり面白くありません。

小柳水門(いまは壁面が青になっている)
 多摩川原橋をすぎてしばらく行くと、こちら側もコンクリート護岸になります。正面は稲城大橋。  
 
 江戸時代に始まったといわれる多摩川の砂利採取。帝都建設の明治時代と戦後復興期の乱掘によって、河床の低下、橋梁の不安定化、海水の遡上などをもたらしたために、1964年に採取禁止になったとの事です。是政の多摩川競艇場は、砂利穴跡を利用して作られたものだそうです。
 この礫河原・丸石河原の多さが、荒川中流との印象の違いになっているのでしょうか。
■H18年3月
■H19年3月
■H19年10月高速台風20号一過の朝
■H20年2月強風の多摩川原橋から
■H21年1月富士山を眺めながら
■多摩川のハルシャギク

■H22年4月春めく河原
■H23年8月府中市多摩川緑地
■H24年2月

■H24年9月
■H25年6月北多摩一号水再生センター下流
■H25年7月多摩丘陵を背景に
■台風18号のあと
■H27年1月多摩川原橋の富士
■H28年8月稲城大橋から是政橋へ
■H29年6月アユ釣り解禁
稲城大橋から見た下流
対岸の多摩丘陵  多摩川親水公園には、奥多摩から東京湾までの多摩川を再現した流れが作られています。

インデックスへ
マップへ
対岸へ
下流へ
京王多摩川〜是政
ホームへ
上流へ