昨年、塩焼きのアユを食べくらべる「清流めぐり利き鮎会」で、多摩川のアユが2位になったというニュースを目にしました。
 驚いて調べてみると、多摩川とは言っても対象は支流の秋川のことで、2位とは言っても準グランプリとして7河川が選ばれたということでした。そもそも多摩川のアユは、途中の堰のために秋川までは遡上できません。秋川のアユは放流アユのはずです。腑に落ちないのでさらに調べると、遡上してきた多摩川のアユを世田谷付近で汲み上げて、秋川に運んで放流しているのを、多摩川アユと称しているようです。
 なるほど、そういう事でしたか。
 ほかの河川の関係者からすると少しインチキくさいかもしれませんが、河川浄化のシンボルとしてぜひ祝福してほしいものです。

 6月1日、アユ釣りが解禁されました。