登戸〜京王稲田堤
 鬱蒼と茂る草木を避け、かろうじて歩けるわずかな地面をたよりに川沿いに歩いて行ったところ、この先で進路を断たれました。
 増水による水没と草木に阻まれて、河川敷側に迂回する事もできません。すぐ数メートル先には河原が見えているというのに。
 わずか数メートルのために戻るのも面倒なので、素足になって川に入りました。丸石の川底は、泥やコケで思ったよりも滑りやすかった。
三沢川水門から下流側
三沢川水門
  ■H17年初冬
  ■H18年3月
  ■H18年秋
  ■H19年5月
  ■H22年9月
■H24年5月
■H25年1月
■H27年7月
■H28年6月
上河原堰

インデックスへ
マップへ
対岸へ
下流へ
登戸〜京王稲田堤
ホームへ
上流へ