二子新地〜登戸
いまはなき護岸ブロック  平瀬川との合流地点です。床止めのコンクリートブロックを伝って渡れそうな気もしますが、迂回して少し先の橋を利用しました。
 送電線の近くでモーターパラグライダーとは!
 東名高速をすぎたあたりで、河原におりました。正面に二ヶ領宿河原堰が見えています。ここからの眺めも印象に残っています。
 護岸工事で、いまは左手が整地されて素っ気なくなりましたが、この頃はワンドのようになって流れの緩い場所があり、カワエビが群れていました。 

水際の杭出し水制が歴史を感じさせて印象に残っています
    ■宿河原堰
■H18初冬:宿河原堰
■宿河原堰パノラマ
■河原の伏流水
 堰と小田急線の間に、「かわさき水辺の楽校」のビオトープが整備されています。いったん埋めてから作り直すなど、おかしな事をやっていました。車窓からもよく見えます。このページは季節がばらばら。
  ■H17年夏
  ■H17年初冬
  ■H18年3月
  ■H18年春
  ■H18年秋

  ■H19年5月
  ■H19年10月
  ■H20年12月
■H24年12月
■H28年5月
■H29年4月

インデックスへ
マップへ
対岸へ
下流へ
二子新地〜登戸
ホームへ
上流へ