水ぎわを歩けないこともないけれど、時間を要しそうなのでここは回避。先人が残してくれた踏み跡をたどって上流へ向かうことにします。途中で久しぶりに自然石護岸に降りてみましたが、繁茂する植物で護岸の視界はかんばしくありません。
 対岸では、ライフジャケットを着用した団体がなにか活動していました。小学生でしょうか。
 慣れ親しんだ流域ですが、被写体が優れているので、なんど採りあげても新鮮です。文字どおり、絵になる水景といえます。