映画サイトではありませんが…

 タバ作戦―
 庵野秀明監督作品『シン・ゴジラ』では、首都東京に迫るゴジラに対して、多摩川は防衛ラインに設定されました。映画の構想段階で、なぜ丸子橋付近が選ばれたのでしょうか。
 直前の武蔵小杉のタワーマンションは、新たなランドマークのひとつです。首都への進行をくい止めるため空爆しますが、着弾する川崎側は程よい広さの河川敷になっています。小道具となる道路橋・鉄道橋が近距離で並走しています。調布堰も見えます。
 対岸の東京側は国分寺崖線の端にあたるため、ゴジラの進行をさまたげるものはありません。崖線の脇を悠然と通過していきました。
 …憶測ですが、画面構成と作戦上の視点から、多摩川の丸子橋付近を防衛線に設定したものと推測します(多摩川および映画のファンとして、同時代の多摩川が映像に残るのはうれしい)。
 では、なぜ「タバ」作戦なのか―
 多摩川の源流は、水源から奥多摩湖までの山梨県内になります。その源流域の下流部では、丹波川と呼ばれています。また、多摩川の古名には諸説あって、そのひとつに「太婆川」があります。
 「たま」では柔らかい感じがしますので、映画のうえではあえて「タバ」を呼称したのかもしれません。それとも、監督のたんなる衒学趣味なのでしょうか。